外国人採用について

外国人採用では国が定めた制度がいくつか存在し、それぞれ滞在可能機関や職種が異なります。

外国人採用コンサルサイト

外国人就労における各種制度

 特定技能(1号)技能実習高度外国人材外国人派遣
在留期間通算5年1号:1年以内
2号:2年以内
3号:2年以内
(合計で最長5年)
1号:5年
2号:無期限
在留資格により異なる
人材確保確実確実マッチングによるマッチングによる
外国人の技能水準相当程度の知識または
経験が必要
なし相当程度の知識または
経験が必要
個人により異なる
日本語能力水準生活や業務に必要な
日本語能力を試験等で確認
介護職種のみ
入国時N4レベルの日本語
能力要件あり※1
相当程度の知識または
経験が必要
個人により異なる
採用費の比較
受入国制限あり制限あり※2制限なし制限なし
特徴“低コスト”な技能実習生を延長したい!
即戦力の人材を採用したい企業様に最適!
より“低コスト”で採用をお考えの企業様に最適!外国人人材の活用、海外取引が活発で、さらに高度な人材をお考えの企業様へ!外国人人材の活用をしたことがなく受入れに不安があり、まずは“働きぶりを見たい”とお考えの企業様に最適!
※1
外国人就労者との円滑な関係をつくるため、英語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、韓国語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、ミャンマー語、モンゴル語の通訳スタッフを配置しています。
※2
山梨人材教育協同組合受入れ国:ベトナム・タイ・ミャンマー・フィリピン・インドネシア・ラオス・中国・モンゴル。技能実習生活用には「山梨人材教育協同組合」への加入が必要になります。

特定技能制度

外国人採用コンサルサイト

2019年4月1日より施行された在留資格「特定技能」とは、深刻な人手不足と認められた産業分野において、外国人の就労が認められ、外国人材の受入が可能となりました。
後述の「技能実習制度」は、外国人就労者がある技能を習得して自国へ戻り活用することが前提。それに対し、特定技能は単純労働を含めた労働力として認められています。2020年3月時点では14業種が、この特定技能として認められており、その範囲においては非常に活用しやすい制度となります。

外国人採用コンサルサイト

目的

中小企業では、人手不足が深刻化しています。この人手不足により、日本経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきたため、人材の確保が難しい一部の分野において、専門性を有した外国人材の受入れを行う仕組みとして本制度ができました。

外国人採用コンサルサイト

対象事業

建設業

造船・船用工業

自動車整備業

航空行

宿泊業

介護

ビルクリーニング

農業

漁業

飲食料品製造業

外食業

素形材産業

産業機械製造業

電子電気情報産業

外国人技能実習制度

外国人採用コンサルサイト

当サービスでは、外国人技能実習制度のご案内が可能です。技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上国等の外国人を日本で一定期間(最長5年)に限り受入れ、OJTを通じて技能を移転する制度です。
外国人の技能実習生が企業様と雇用関係を結び、出身国において習得が困難な技能習得等の習得・習熟・熟達を図るものです。当サービスでは、この募集、採用支援、教育も行っております。
2020年3月段階では、82業種146作業が指定されています。詳しくはこちら

外国人採用コンサルサイト

目的

技能実習制度の目的・趣旨は、わが国で培われた技能、技術または知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。

外国人採用コンサルサイト

対象事業

機械・
金属関係

建築関係

農業関係

食品製造関係

宿泊業

介護

その他

高度外国人材

外国人採用コンサルサイト

経済成長等への貢献が期待される高度な能力を持つ外国人について、出入国管理上の優遇措置を実施してその受入れを促進するため、「高度人材ポイント制」が導入されました。
また、2015年4月から高度人材に特化した在留資格「高度専門職」が新設されました。当サービスでは高度外国人材(高度専門職)のご紹介を行うこともできます。

外国人採用コンサルサイト

目的

海外の優秀な人材を積極的に日本に呼び込むことで、日本国内の経済成長と技術革新を図るための制度です。

外国人採用コンサルサイト

在留資格

高度学術研究活動
研究者、科学者、
大学教授

高度経営・管理活動
経営者、管理者

高度専門・技術活動
エンジニア、技術開発、プログラマー、設計、総務、経理、マーケティング、企画、生産管理、品質管理、通訳、広報、服飾またはインテリアデザイン、商品開発

外国人派遣

外国人採用コンサルサイト

人手不足が深刻化しているなか、今後ますます外国人労働者の派遣の需要が予測されます。
企業が外国人を雇用する場合、雇用する外国人の在留資格を必ず確認しなければなりません。日本で働く場合、外国人の在留資格によって就労できる仕事が異なります。もし在留資格を確認せずに、雇用してしまい外国人が不法就労だった場合は、雇用する事業主側も処罰の対象となります。
当サービスを活用いただくことで、直接雇用に伴うコスト(教育、福利厚生等)の削減や採用活動を行わずに優秀な人材が確保できます。

外国人採用コンサルサイト
外国人採用コンサルサイト

外国人採用のメリットとデメリット

外国人採用のメリットとデメリット
メリット

求人広告費用が抑えられる

人手不足と言われて久しいですが、それ以来、求人広告紙に出してもなかなか人が集まらない。
1人採用するのにいくらかかっているんだと頭を抱える企業さんも多いでしょう。
企業様にあった外国人人材を適切に派遣、紹介等を通じて採用コストを削減しましょう。

外国人採用コンサルサイト

向上心と元気のある若者を!

開発途上国の若者はとにかく元気!また、素直な人材も多く、企業様からは本当に高評価です。
日本人もいいですが、採用難なこの時代。元気な外国人の若者を、自社の社員として受入れるのも経営戦略のうちの1つとして定着しつつあります。

外国人採用コンサルサイト

人手不足を継続的に解消

特定技能、技能実習生を採用すると現地とのつながりも。毎年定期的に採用することで、外国人就労者が後輩を指導して国に帰る…、というプラスのスパイラルを社内に醸成することができます。
これにより、慢性的な人不足を解消している企業様も多数あります。

外国人採用コンサルサイト
デメリット

日本の習慣を知らずトラブルに

外国人就労者は、日本の習慣は知らないことだらけ。ゴミの捨て方や、アパートでの過ごし方、職場での態度など、本人たちには悪気がなくても習慣を知らず周囲の人とトラブルになることも!

私たちのワンストップサービスでは、日本の習慣や職場の常識、生活マナー等、ひと通りの教育を行います。
外国人採用コンサルサイト

言葉の壁がある

いくら現地で学んできたとはいえ、基本会話ができたとしても複雑な、とくに業務に関することはまだまだ難しい。

日本語教育も、通訳サポートも企業様で円滑に働けるよう完全サポートします!
外国人採用コンサルサイト

受入れ手続きが面倒

企業様に面接をしていただき、いざ採用となっても様々な手続きにとても手間がかかり膨大な労力がかかる。

当サービスでは採用支援はもちろん、就労支援も行うので企業様の負担も軽減されます!
外国人採用コンサルサイト
iconTel
0120-713-809受付時間:9: 00~18: 00
  1. トップページ
  2. 外国人採用について
  3. 外国人を採用するということ
iconMail
お問い合わせ
iconTel
0120-713-809受付時間:9: 00~18: 00